よくある質問

ボート・水上バイク(小型船舶)免許について

Q 学科および実技国家試験免除とは、具体的にどういうことですか?
A 試験が全く無いということではありません。
当協会がおこなう規定の講習時間を受講して、当協会での修了試験に合格すれば国家試験を受ける必要がありません。
Q 湖や川でゴムボートでのバス釣りをしたいのですが免許は必要ですか?
A 一般にはゴムボートにエンジンが付いていれば免許は必要ですが、エンジンが付いていても免許が不要な船もあります。
エンジンが付いていて免許が不要なものは、次の要件を満たしている場合です。
・長さが3メートル未満であるもの。(登録長)
・推進機関の出力が1.5Kw未満(約2馬力)であるもの。
・推進機関が電動機であるもの、又はそれ以外の船外機で以下のいずれかを備えたもの。直ちに停止できる装置(非常停止スイッチやキルスイッチ等)
・巻き込み防止用のプロペラガード
詳しくはエンジンのメーカーや販売店等に問い合わせ下さい。
Q 海の事が全く解らなくても、ボート免許をとれますか?
A はい、全く心配いりません。受講される方のほとんどが、海や船について初めて勉強されます。経験豊富な講師が責任をもって指導します。ご安心下さい。
Q 修了試験は難しいでしょうか?
A 構えて気にすることはありません。ベテランの講師が皆さんの習得状況に応じて講義を進めていきますので、講師の講義をしっかり聞いていれば問題ありません。
また理解できない時や解らない時は、その都度質問してください。
Q 修了試験が不合格になったらどうなりますか?
A ご心配いりません。不合格の場合、補習を行い、再試験をしますので、ご安心ください。
Q 仕事の都合で講習日程がとれないのですが?
A あなたのスケジュールにあわせた無理のない受講方法がありますので、事前に連絡してください。
Q 講習に遅刻や欠席した場合はどうなりますか?
A 基本は時間厳守です。欠席しますとその受講された日程での修了試験は受験できませんので注意してください。
Q 高齢なのですが、大丈夫でしょうか?
A 心配ありません。年齢の上限はありません、先ごろ70歳の方が受講され無事修了しました。
Q 何歳から受講できますか?
A 17歳9ヶ月です。2級や特殊免許は15歳9ヶ月から受講できます。
Q 日本国籍ではないのですが、ボート免許はとれますか?
A はい問題ありません。国籍は関係ありません。
Q 実技の時はどのような服装が好ましいでしょうか?
A 動きやすい服装であればOKです。靴は滑りにくいスニーカー等が良いです。
特殊の水上バイクに乗船される方は、かなり飛沫がかかり濡れますので濡れてもいい服装で、出来るだけ素肌を露出しないようにしてください。
Q 受講料の分割支払いはできますか?
A ローン提携会社がございます。お申し出ください。カードによるクレジット支払いは取扱っていません。
Q 女性の免許取得は難しいでしょうか?
A 男性、女性関係ありません。
Q 身体に障害があるのですが…
A 障害の程度によりますが、身体検査基準が緩和されほとんどの方が受講されています。
まずは、事前にご連絡ください。
Q 2級ボート免許をとって、日本一周や九州一周はできますか?
A 沖縄と一部離島を除いて可能です。ただ船には、航行できる範囲の航行区域なるものが決められています。
詳しくは、最寄りの日本小型船舶検査機構にご相談ください。

免許の更新について

Q 免許証の有効期間は何年ですか?
A ボート免許証の有効期間は5年間です。更新手続きが義務づけられています。
Q ボート免許証の更新講習はいつから受けられますか?
A 有効期間の1年前からです。
Q 早く更新講習を受けると、有効期間が縮む気がしますが?
A 確かにそんな気がしますが、そんな不合理なことはありません。
ボート免許の有効期間は、更新講習を受けた日からさらに5年間有効になるのではなく、あくまでもあなたのボート免許に記載されている有効期間から5年加算されるからです。
Q ボート免許証の更新手続きは、どのようにするのですか?
A 身体が適性で、かつ更新講習を受講するか、または所定の乗船履歴を有するかになります。詳しくは、お問い合わせください。
Q 更新・失効に必要な身体検査はどこで受けるのですか?
A 更新講習会場で受けることができます。また身体に不安がある場合は、事前に連絡ください。
Q ボート免許の更新・失効講習の時間はどれくらいですか?
A 更新講習は1時間、失効講習は2時間30分程度です。
Q ボート免許の更新講習に必要な写真は?
A デジカメ、スピード写真でOKです。(縦4.5cm 横3.5cm)
よく車の運転免許サイズと間違える方がいますので、ご注意ください。
Q ボート免許証を失効させたら、どうなりますか?
A 今の規定では車の免許証のように資格そのものが、無効になることはありません。
病気やケガまたは諸事情で、更新講習を受講せずボート免許証を失効させても、失効再交付講習を受ければ免許証は復活します。
Q 海外に長期出張するのですが、どうすればよいですか?
A 長期滞在のためボート免許証が失効する場合、免許証の更新時期に入っていなくても、更新講習を受講する事もできますので、お問い合わせください。

海技士(航海・機関)講習について

Q 6級海技士(航海)を取得するには、どのようなコースがありますか?
A 次のようなコースになります。
国家試験免除コース
⇒9日間コース(甲板の履歴で10年以上ある方)
⇒12日間コース(甲板部の履歴が5年以上10年未満ある方)
受験コース
⇒10日間コース(甲板部の履歴が2年以上ある方)
Q 6級海技士(航海)取得後、船長はできますか?
A 出来ます。但し、沿海区域を航行する総トン数200トン未満の船舶等。
また第二級海上特殊無線技士の免許が必要となります。
Q 船員手帳を紛失した場合でも、受講出来ますか?
A 出来ます。船員手帳の代わりとなる書類を揃えて頂ければ受講出来ます。
詳しくは、当協会までお問い合せ下さい 。
Q 船員手帳のない船(20トン未満)でも受講は出来ますか?
A 出来ます。船員手帳の代わりとなる書類を提出して頂ければ受講出来ます。
詳しくは当協会までお問い合せ下さい。
Q 6級海技士(機関)を取得するには どのようなコースがありますか?
A 機関部の履歴の2年以上ある方は、国家試験受験コースがあります。
Q 受験コースと免除コースの違いは?
A 免除コースは、筆記試験、又は口述試験がありません。国家試験身体検査のみとなります。
受験コースは、全て受験することになります。6級海技士の受験に関しては、筆記試験か口述試験を選択することが出来ます。

大型定期・臨時試験について

Q いつ海技士試験がありますか?申請はいつまですればいいのですか?
A 定期試験は、2月、4月、7月、10月の年4回です。試験申請の締切日は、当協会までお問い合せ下さい。
Q 定期・臨時試験の海技士研修はいつありますか?
A 3級海技士研修
⇒11月スタートの3ヶ月間研修(2月定期試験向け)
4・5級海技試験研修
⇒6月スタートの2ヶ月間研修(臨時試験向け)
各研修、年に1回予定しています。

免許講習について

Q 免許講習は、国家試験に合格する前でも受講出来ますか?
A 可能です。詳しくはお尋ねください。
Q 免許講習修了証明書の有効期限はありますか?
A 無期限です。しかし、免許申請は総合合格(筆記・口述)後、1年以内と限られていますので、
早めに受講しておいた方がよいでしょう。
Q 免許講習の定員はありますか?
A レーダー自動衝突予防援助装置シミュレータ講習のみ、6名となっております。その他の講習は、20~30名です。
定員が超える場合は、日程が変わりますのでお早めにお申込み下さい。
Q 申込み方法は?
A お電話を頂いた方には、申込書等をFAX、又は郵送致します。当協会のホームページからも印刷することができます。
申込書等が届きましたら、申込書記入後、必要書類と添付し返信下さい。
※申込書のみ先にFAXして頂ければ助かります。
Q 免許講習修了後、海技免状申請手続きは出来ますか?
A 出来ます。申請手続きを依頼される方は、受験票・写真1枚(3cm×3cm)・申請料を持参下さい。